【3.11あの日】〜東日本大震災〜体験記録Vol.1【絆の足跡】
1:RareBear77(2012/01/22(日) 19:10:25 ID:N6TajOQQ)
東日本大震災の被災体験を語り繋ごうという、まちBBS東北板のプロジェクトです。
ご自身が体験した大震災を語ってください。

また、書き込む前に「これは墓場まで持っていくものか?」と自問自答し、
その後、深呼吸してから書き込みましょう。

写真添付可、置場としてもどうぞ↓
【MAHALO】 〜東日本大震災〜体験記録@東北別館 【ALOHA】
http://tohoku.webspace.ne.jp/bbs/tohoku_topic_pr_51.html

【書き込み上の注意点】
1、このスレは個人や団体を糾弾したり、恨み事を書くスレッドではありません。
 淡々と体験談を語りましょう。
2、体験は十人十色。
3、文章の上手い下手、事の重さ軽さは気にしない。
4、それとなく、体験した地名をハンドルにするか、または1行目に書き込みをお願いします。
 (@石巻とか)
5、文章が長めとなるときは、分割して書き込みしてください。

テスト行為などGL違反はくれぐれもしない様に。

960:まいね(まいね)
まいね
959:まいね(まいね)
まいね
958:まいね(まいね)
まいね
957:まいね(まいね)
まいね
956:まいね(まいね)
まいね
955:まいね(まいね)
まいね
954:まいね(まいね)
まいね
953:まいね(まいね)
まいね
952:まいね(まいね)
まいね
951:キジトラ ◆tqxYyIb4hc(2017/09/18(月) 10:02:55 ID:yhM2IXAA)
>>946
おつかれさま。俺はあの日松川浦の見える職場にいた。12m超の津波など誰も予想だにしなかった。
が、注意報が大津波警報に変わりこれはただ事でないことだけは理解した。

結果約千人の人とともに寒く余震の恐怖の中、眠れぬ夜を老若男女、乳飲み子たちとともに過ごした。
翌朝自衛隊に救出された。自分の家族に再開したのは3週間後だった。廻りの状況を理解するまで
かなりの時間を要したが、想像を絶する大災害の中、948.949の様に多くの表と裏を体験した。

しかし、やがてそれは自分自身の中にもある事を気付いた。俺は今、日常を取り戻してはいるが、
今だに続く避難生活。自分自身に置き換えた時どうだろう・・・

やがて水素爆発が起こり、支援物資が届かないおそれがあることになったが、決死の覚悟でひとりの
ドライバーさんが届けてくれた時は涙が止まらなかった。冷たい缶コーヒーを美味しそうに飲んでくれ
た。あの時のやさしさやぬくもりを忘れはしない。

人は絶望を繰り返しながら・・それでも生きる。誰を恨んだり責めたりは出来ないのではないかな。
と、俺は思う。まだトラウマは残っているが生かされている事だけは確かなようだ。
ほんの少しでいいからやさしさだけは失わないように、これからも生きたい。
946さん、、ありがとうございました。
i-mobile
950:ゆきんこ(2017/09/18(月) 01:21:06 ID:XZJb7Hbw)
だから俺は、避難所にもボランティアにも世話にならず、家族4人だけで2週間くらい車で生活し、食べ物も自力で確保、ガソリンもなんとか確保、風呂もトイレもなんでも自分でなんとかした。
いよいよ困った時に助けてくれたのは友人ただ一人だけ。
電気が来たから、うちに泊まりなって。
震災は自分にとって、良い人生経験だったが、日本人の嫌な所を沢山見た苦い経験でもあった。
949:まいね(まいね)
まいね
948:まいね(まいね)
まいね
947:アヌヒア ◆RB77///M6g(2017/09/17(日) 22:57:34 ID:OTh7sAog)
>>946
お疲れさまでした。そしてありがとう。
とりあえずは。うん。ささやかだけどね。
946:ゆきんこ(2017/09/17(日) 18:01:05 ID:sIjl9Q3g)
阪神淡路大震災の時もボランティアとしてかなりの期間参加、東日本大震災の時
は2011年6月11日から一週間 いわき市にボランティアとして参加させて頂きま
した。感じたのは津波の破壊力が凄まじいとの思い(いわき市 四ツ倉の港
はほぼ壊滅状態)がありましたが、一番印象に残ったのは帰りに寄った東京で
の電車の中で周りの人たちがエレベーターが電力不足で動かない事をかなり辛辣
に批判してたことで、私は思わず「おいおい 僅か200キロ向こうでは復興で
皆頑張ってるんやで」と思わず口についてしまい白い目で見られたことですね
あの時ほど日本の光と影を感じた事はありません。
945:ゆきんこ(2017/08/26(土) 10:02:29 ID:yM03caEw)
このスレでの書き込み初。

私は3.11の頃は宮古の海側の工場にいました。
なんとか逃げることはできましたが、車や仕事も失って色々と大変で、何よりライフラインが駄目になった。
地域によっては一ヶ月以上経過してもライフラインが復旧しない地域もあった模様。
944:ゆきんこ(2017/08/16(水) 11:29:16 ID:vB+pfkMg)
宮城県仙台市
津波は車で5分くらいのところ

食糧確保でヨークベニマルに3時間ほど並んでいた
いざ会計の時に5千円札と1万円札しかなかった
初老の店員さんに会計は千円札以外はダメです、と言われ帰されたのが悲しかった
なんとかならないかお願いしたが、次の人も並んでるので、と迷惑そうな顔をされたのが
また悲しかった
943:まいね(まいね)
まいね
942:ゆきんこ(2017/06/30(金) 19:18:43 ID:Alvi4iAA)
岩手県北上市
あの時、高校生で新入部員の歓迎会をやってたら地震が起きた。
何が起きたのか分からなくて、家に帰った。
父親の車のカーナビで、自分が生まれた大船渡市が大変な事になっててびっくりした。
電気は翌日復活したけど、親戚に電話も通じなくて怖かった。
幸いみんな無事だった。
道路が通れる様になってから、大船渡へ向かったけど知っている店が消えたりしてて、夢かなと思ってた。

もうあの地震は経験したくない。クラスの女子がまた地震起きないかな、とふざけた事を言っていたのが忘れられない。
941:ゆきんこ(2017/06/14(水) 14:29:35 ID:EIxQxCtw)
若林大和町のCoCo壱のお兄さんがもう売り物には出来ないからと、無料でカレーを分けてくれた。
それまで温かいものなんて食えてなかったのに…食事の温かみって大事だと気がつかされた。

ありがたかった。

□次のページ(9)
□最後のページ(7)
□書きこむ(8)
□トップページ(0)